ストラテラは副作用がある薬剤なのか

ADHD症状の緩和改善のための治療薬としてストラテラというものがあります。
2012年には年齢制限も見直され、多くの方が取り入れている薬剤でもあるのです。
高い効果が実感できるといわれているのですが、同時に気になるのが副作用ではないでしょうか。
そこで今回は、ストラテラの副作用について考えてみたいと思います。

副作用はあるのかについて

あるのかないのかというものに対する答えとしては「ある」と言わざるを得ないでしょう。
しかしながら、日本にて認証を受けた2009年以降、重篤な副作用などの報告はないとされています。
ですから、安心であるといわれているのですが、もちろん100%ではないということも認識しておきたい部分です。

想定できる副作用について考える

では、考えられる副作用というものはどのようなものになるのでしょうか。
まずは悪心(吐き気)・食欲低下・眠くなる・頭痛などといったものです。
これは、どのような薬剤においても副作用として考えられる項目といえるでしょう。
程度としては比較的に「軽度」であると考えられています。
重篤なケースとして考えられているものは、黄疸や肝不全などといった肝臓にまつわることやアナフィラキシーショックなどです。
自覚症状を万が一感じたら、速やかに服用を中止し、医師に診断を仰ぐのが良いでしょう。
どうしても不安感があるという場合には、定期的に検査を受けるという方法もあります。

安心して服用するために

今回はストラテラの副作用について考えていきました。
副作用についての知識を持っているという事は、その分安心した環境を作りやすいともいえるかと思いますので把握しておくのが良いでしょう。
そのうえで、適切な治療にのぞみましょう。

関連する記事

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫