ストラテラの個人輸入における注意事項について

ADHDの症状を改善したい・緩和させたいということで、ストラテラ服用を考えている方もいらっしゃるでしょう。
服用スタイルの1つとして「個人輸入」というものがあるのですが、利用の際のポイントなどについてここでは触れていきたいと思います。

注意事項は確認しておこう

個人輸入をするに際し、個人輸入代行業者を利用するという場合が大半でしょう。
その際には当然ながら、それぞれ業者の規約にのっとった形で利用をしてただくことが条件となります。
と、同時に個人輸入における規則というものについても確認しておきましょう。
個人服用の範囲内の購入をすること・申込者本人が服用するということ・転売や譲渡などをしないという事などいくつかの条件がありますので確認と納得をしたうえで購入をしましょう。

すべては自己責任ということも忘れないようにしよう

依存性も低く、重篤な副作用の報告もないといわれているストラテラですが、それは確実なものではありません。
ですので、副作用の可能性や万が一の事態に陥った時を含め「服用すべてが自己責任である」ということも忘れないようにしましょう。
こうした責任についても、代行業者のサイトに記されているかと思いますのでご確認いただけたらと思います。

価格差などについて

その時々のレートによっても変化しますし、製品・業者によって異なってきます。
中には、ストラテラのジェネリック医薬品を販売しているところもあるようです。

個人輸入をして改善を目指す

個人輸入をしていただくに際し、注意をしていただきたいポイントというももいくつかあるのです。
これらすべてについて納得と理解をしたうえで取り入れていくことが大切といえるでしょう。

関連する記事

次の記事: を読む ≫