ADHDの人におすすめのサプリメント

集中力が継続しない・すぐ気が散ってしまう・不注意が続いてしまう。
そのような場合、もしかしたらADHDの症状かもしれません。
そして、ADHDの症状に効果を発揮する薬剤の代表的なものとして「ストラテラ」といもうのがあるのです。
今回は、そんなストラテラについて触れていきましょう。

多くの方の症状改善に役立っているストラテラ

シャボン玉ではしゃぐ子供
ストラテラは2009年に日本にて認可を受けた薬剤です。
薬剤としては比較的に新しいものではありますが、現在の量現場においては代表的なものといっても過言ではないほどの高い効果があるとされているのです。
2011年までは、18歳未満を対象に使用をされてきました。
しかし、2012年では見直しがなされ、現在では成人に対してもストラテラを取り入れたADHD症状の緩和改善に役立てられています。
ADHDにはストラテラが効く(http://www.168webshop.org/medicine/psychiatry/strattera.html)

脳に働きかけを行い症状の緩和改善に役立つストラテラ

ストラテラの成分は「アトモキセチン塩酸塩」というものが主となっています。
この成分が脳に働きかけを行い、ADHD症状の緩和改善に役立っているのです。
このアトモキセチン塩酸塩についても触れておきましょう。
「ノリアドレナリン」という物質名をご存知でしょうか。
その名前だけでも聞いたことがある方も多いでしょう。
これは神経伝達物質であり、順序立てて物事を組み立てることや、その場の環境を見て適切な字判断を下すことなどをコントロールしているのです。
ADHD症状の中に、衝動性・多動性・不注意などがあるのですが、これらはこのノリアドレナリンの不具合があるからだと考えられています。
これをストラテラを用いていくことによって、正常もしくはそれに近い形を目指していただけるのです。
ですから、これまでに症状が出てしまうことで生活に支障があったという方においても「一般的な社会生活」がしやすくなるということができるのです。

副作用や依存性はあるのか

脳に直接作用をする・物質のコントロールをする。
などと聞くと、その副作用や「薬がなくてはいられない」という依存性が心配だという声もあるでしょう。
依存性についてですが、遺族をつかさどる神経系統には作用しないという点があるのです。
これもまた、医療現場で活躍している要素の1つとなっているのです。
このことから、依存性は原則として心配する必要はないでしょう。
症例を見ても、重篤な依存・副作用などはないものの、それは100%といとうものではありませんので「低い」という見解が良いかと思います。

ストラテラの服用について

ストラテラ
ストラテラを服用したいという場合、医師の診察を経て診断そして処方箋を発行してもらうということになるでしょう。
ドラッグストアなどで販売をされている薬剤ではありません。
適切な使用を・安全な使用をという場合にはこうした段階を経ることが大切なのです。
それ以外の方法ですと「個人輸入」という形で購入していただくことは可能です。
代行業者を利用するにしても、業者における規約ならびに個人輸入を行う際の規約を守ったうえで利用していただくことが条件となります。
また、万が一の事態においてもすべては「自己責任である」という事を納得したうえで服用しましょう。

快適な社会生活を目指して

今回はADHD症状の緩和改善の治療薬「ストラテラ」についてみていきました。
比較的に安心して取り入れていただける薬剤となっていますので、悩んでいる方は検討をしてみる価値があるかもしれません。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫